西光寺
時宗 東福山 西光寺

Saikouji Blog

和尚のひとりごと “足下にはもう秋の風が”

IMG_2421

IMG_2425

IMG_2429

IMG_2427

IMG_2426

日中、お盆の大法要が終わり、

8月15日の夜が訪れ

お線香の煙とともに御霊がのぼっていく。

IMG_2437

西の彼方、

西方浄土へと向かうその流れは、

日本列島を包みこんでいる。

なんて

厳かな景色、

心が清浄になる日本の心の故郷がここにある。

IMG_2463

三日間の時を過ごされた愛されている魂が

愛している人たちに抱かれて送られる。

IMG_2471

小さなお子さんや、

この世に

まだまだやるべきことを残し生きている

縁ある人たちが、

ご先祖さまの魂を大事に抱いてお寺へと足をはこぶ。

IMG_2482

このお寺と縁がある人も無い人も、

また

一年後の再会を約束して見送る。

…その美しい姿の足下を秋の風が通りすぎていく。

IMG_2481

夕方から降りつづいた雨もあがり、

曇り空の

なんて優しい。

こうして

今年もお盆の季節が終わる。

秋の虫の鳴き声が聞こえるなか

ススキ揺れる街並みに人々はもどり、

また

明日からの命を信じて生きていく。

この人たちに幸あれと祈り、

私は、

お盆最後のお経を唱え終えて衣を脱いだ。

IMG_2491

秋風に揺れる送り火の

なんて寂しくもあり、

明日を照らす導きであるのか。

この夜は、

『生きるとは』をあらためて感じる

夜でもある。

それを

今夜の私のお経で伝えられたなら、

和尚冥利に尽きるというものだ。

IMG_2481

お経が終わり、

送り火の灯りが消えたのをみはからったかのように、

空からは雨が落ちはじめ、

境内では、

別れの涙雨と

久しぶりに帰ってこれた嬉し涙が

遅くまで降りつづいていた…合掌…和尚のひとりごとでした。

コメント

和尚のひとりごと “足下にはもう秋の風が”のご感想やコメントをお寄せください。