西光寺
時宗 東福山 西光寺

History of Saikouji

時宗 東福山 西光寺の歴史

このお寺は鴨川道場東福山西光寺といい、阿弥陀如来をご本尊とする時宗の古刹です。 今から約730年前、文永2年(1265)4月8日に、真言宗の傾木和尚が、この地にお堂を建立されました。

その後、12年の年月を経てようやく寺院の形が整い、ご本尊の開眼を迎えるだけになりました。傾木和尚は、ご本尊の開眼を当時一切衆生の済度を志し、全国を遊行されている一遍上人にお願いしたいとお考えになりました。

傾木和尚の心が仏さまに通じたのでしょうか、建治・弘安年間(1280前後)一遍上人が化益のため見付にお入りになりました。傾木和尚は一遍上人をお堂にお迎えして開眼法要を勤修し、宗旨を真言宗から時宗に改めました。以来、傾木和尚を開創に、一遍上人を開山として時宗の念仏道場として現在に至っております。

文永2年
(1265年)
真言宗阿闍梨傾木(あじゃりけいぼく)和尚によって
開創されました。
弘安年間
(1280年頃)
布教のため見付の地を訪れた時宗の開祖一遍上人を迎え改宗、時宗の修行道場となり、以来、多くの時宗の高僧を輩出、現在は遠州地方の時宗寺院のひとつとして布教の拠点となっております。
元和6年
(1620年)
二代将軍徳川秀忠公と正室江の五女、源和子(みなもとのまさこ)、後水尾天皇の中宮として入内、東福門院(とうふくもんいん)と称されました。
上洛の途次、西光寺にてご休息されたおり、ご自身の守り本尊として幼少時よりおそばに置かれた木像地蔵菩薩立像、および木像阿弥陀三尊立像、自らのお名前を冠した東福山の山号、そして七堂伽藍を賜りました。
元和7年
(1621年)
兵火により七堂伽藍ことごとく消失してしまいましたが、東福門院より賜る木像地蔵菩薩立像と木像阿弥陀三尊立像は不思議にも大火の消失を逃れ発見、現在も本堂に安置されております。以来、日を限れば叶う霊験あらたかなお地蔵さまとして評判となり、いまなお多くのお参りのみなさまが訪れておられます。
平成の
時代
境内にあります大クスとナギの木が縁結び・恋愛成就パワースポットとして有名になり、噂を聞いたみなさまが良縁を求めてお参りされております。
願いが叶った方々の体験談が続き、ここは本物のパワースポットと、地元のマスコミを含め口コミで広がっております。

西光寺と東福門院

元和6年(1620)二代将軍徳川秀忠公の娘和子さまが後水尾天皇(108代)の皇后となり東福門院と称せられました。和子さまは、お嫁入りのため江戸から京へ上られる途中、西光寺にお立ちよりされ、七堂伽藍の建立と、ご自分の守り本尊として大切にされていた阿弥陀三尊仏と地蔵尊をご寄付されました。この時より西光寺の山号は、皇后のお名前を頂き東福山となりました。

元和7年(1621)の類焼により西光寺は全焼しました。しかし、ここで不思議な出来事がありました。建造物等すべて焼失したのですが、皇后より頂いた阿弥陀三尊仏と地蔵尊は、焼失することなく残っていたのです。
道場を失い深い悲しみの中、焼け跡より仏さまを発見したご住職の思いを想像すると胸がいっぱいになります。

元和9年(1623)本堂が再建され、仏さまは本堂内に安置されました。特にお地蔵さまは、日限のお地蔵さんと呼ばれ霊験あらたかな尊像として毎日お参りが絶えません。

蓮光寺と薬師如来

見付西坂の地に光堂山蓮光寺がありました。このお寺は約800年前、安元2年(1176)遠江国守平重盛公(清盛の長子)により建立された名刹でしたが、明治44年(1911)西光寺と合併し、薬師如来坐像等が移されました。
この薬師如来は遠江四十九薬師霊場第48番札所として病気平癒を願う人々の篤い信仰を受けております。

開門時間 6時00分〜17時00分
拝観料 いただいておりません

寺行事等の都合により、拝観停止や時間の変更を行う場合があります。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • 縁結び・恋愛成就のお話し
  • 縁結び・恋愛成就のお話し
  • お守りの取扱い
  • 年間行事のご案内
  • 西光寺ブログ

交通のご案内

電車・バス、お車でお越しの場合のアクセスマップ

時宗 東福山 西光寺

〒438-0086 静岡県 磐田市見付3353-1

TEL:0538-32-4216

お問い合わせ

主な文化遺産

創建から750余年の歴史があり、文化遺産も多数ございます。
その一部をご紹介いたします。

大楠

大クスとナギの木

クスは樹高18m、根回り13.7m、胴回り7.5m、推定樹齢500年。北側のナギの大樹と共に磐田市指定文化財(天然記念物)

表門

表門

徳川家康公が中泉村に築かせた中泉御殿の表門。市内に残る代表的な江戸時代の門。磐田市指定文化財

薬師如来坐像

薬師如来坐像

藤原時代(平安時代)作。応永16年(1409)補修の銘文。磐田市指定文化財

持蓮華
蓮のつぼみの彫刻をいい、時宗の法具。鎌倉時代作。3本の内、2本は奈良国立博物館に所蔵。磐田市指定文化財
新勅撰和歌集
鎌倉時代の写本で、静岡県下においても貴重な和歌集。磐田市指定文化財
伝一遍上人六字名号
鎌倉時代。宗祖一遍上人のご真筆。草書・行書の掛軸二幅。磐田市指定文化財
見付宿本陣墓所
江戸時代。南本陣(神谷家)、北本陣(鈴木家)の墓所。磐田市指定文化財
マキの木
目通り周囲2.3m、樹高18m、推定樹齢250年。磐田市指定文化財(天然記念物)
石宝塔
鎌倉時代。中世の石宝塔としては、静岡県下で存在が確認されている唯一の石塔。
歴代遊行上人六字名号
鎌倉時代。遊行二祖真教上人、七代託何上人の掛軸。
涅槃図
室町時代。文化14年(1817)補修。
その他
旧本堂は元和9年(1623)、書院は寛政8年(1796)に建立。現在は、その遺構の一部が新しい本堂に復元、書院は改修され現存。