西光寺
時宗 東福山 西光寺
時宗 東福山 西光寺

Saikouji Blog

和尚のひとりごと ”高い青空に書いておきましょう…見える人には見えて感じる人には感じる文字で”

まだまだ残暑がつづいている日本列島、

でも季節は確実にすすんで移ろい、

哀愁の風が漂いはじめる秋へと変わっていきます。

IMG_6624

その季節と季節の変わり目に九州地方を襲った豪雨による災害、

被害に遭われましたみなさまに心からお見舞いと、

命を亡くされた方のご冥福を心からお祈り申しあげます。

さて八月最終日、

たくさんの夏の思い出をその胸に残して、

去りゆく夏の青空を眺めてみる時間もいいかもしれません。

楽しい出来事、

悲しい出来事、

辛い出来事、

ありがたい出来事、

消えてほしい出来事、

そのすべてがあなたの歩みであり、

あなたが生きてきた証としての道となります。

いつか、

そんな話をできるときが訪れますよ。

だから、

この夏のすべての時間はけっして無駄ではなくて、

意味のある時間。

秋の空を見あげる頃には、

またひとつ

成長しているあなたに気がつくと思いますよ。

一日一日、

大人への階段をのぼって、

人として人らしく完成する。

その傍に寄り添い、

そっとつつみこんでくれる癒やしの空間が、

日本の四季ではないでしょうか。

私の心が感じる景色。

遠くまで出かけなくても、

普段以上に、

周りに気をむけることができたのなら見つかりますよ。

こんなところに私の癒やしがあったとね。

もちろん、

自然の世界に限らず、

出会う人も大切。

あなたのことを見つめる優しい瞳。

哀愁のイメージを持つ秋だからこそ、

そんな出会いがあるといいですね。

ここ西光寺もそんな人たちのために、

建物も迎える心も、

開かれたお寺でありたいと思います。

あなたが感じたままに西光寺を評価して下さい。

そして、

そして、

もしいいところだったと思って下さったなら、

お知り合いお一人に伝えてあげて下さい。

『こんなところに行ってきたよ』

とね。

もうあなたは西光寺のサポーター、

西光寺を語れるお一人として、

私の知らないところでお役にたって下さいます。

だから、

あなたにも生きる意味が生まれます。

そんな生きる意味をたくさん探して、

そしてたくさん見つけて、

あなたの道を歩んで下さい。

そして、

どうしてもまた寄りたいと思ったなら、

西光寺のホームに降りて、

あなたを感じていただけたなら、

とてもよろしいと思う私です。

“あなたの素敵な生き方に幸あれ”

と西光寺の真上の空、

高い青空に書いておきましょう。

見える人には見えて、

感じる人には感じる文字でね。

去りゆく八月よさようなら、

とっても

暑さをとどけるお役目をがんばりました。

来年、

東京オリンピック2020の空の下…

また夏を感じさせて下さい…和尚のひとりごとでした。

コメント

和尚のひとりごと ”高い青空に書いておきましょう…見える人には見えて感じる人には感じる文字で”のご感想やコメントをお寄せください。